FC2ブログ

廣峯神社

先週の1/16(土)、三が日に初詣に行った廣峯神社にまた行ってきました。
自宅から西南西にあたるので、恵方であるということと、2月からは五黄殺+歳破ということで1年間使えない方位なので是非もう一度行ってみたかったのです。

この日は、月盤と日盤が重なった933の日です。

それと、なんか気になる「九つの穴」のお参りをもう一度したかったのです。
1月3日にもこの九つの穴のお参りをしたんですが、本当はその穴にお願い事をしたと同時にお賽銭も入れないといけなかったのに、実はお賽銭を入れずに帰ってきてしまっていたのです・・・
なのでどうしても前の分のお賽銭を入れないといけなかったのです。


廣峯神社は、姫路市街地の北部、標高300メートルほどの広峰山山頂にあります。
眼下には、世界文化遺産の姫路城を中心に城下町が広がり、その先は播磨灘まで望むことができます。
門201001161054000_convert_20100124104836  201001161125000_convert_20100124104935.jpg


廣峰神社のパンフレットをいただいたので、ご紹介させていただきます。
(若干、他の資料とミックスでご紹介)

ご鎮座より二千有余年の歴史を刻む

 今より二千有余年前の太古、祟神天皇の御代に素盞鳴尊(スサノヲノミコト)とその御子神で植樹の神様である五十猛尊(イソタケルノミコト)が白幣山に御鎮座しました。
聖武天皇の御代、奈良時代(西暦733年)にこの地を訪れた吉備真備公(キビノマキビ)が神託を受け、現在の奥の院、吉備社がある位置に社殿を建立しました。
 学問の神として祀られる真備公は、日本ではじめて学者から右大臣まで出世した努力家で、唐国へも二度留学し、修めた学問は十三道、中でも学を極めた陰陽暦学を世に広めたいと考え、当社の御祭神である素盞鳴尊を牛頭天王(ゴズテンノウ)・天道神とし、その御后神である奇稲田媛命(クシイナダヒメノミコト)を歳徳神、八王子を八将神に配して、日本暦の「こよみ」を司る暦神としました。
 その後、円融天皇の御代、平安時代(西暦972年)になって現在地へ社殿が大造営され、その跡地には吉備真備公を祀る社殿が建てられました。
 現在の本殿は室町時代中期の建物で、入母屋造り・檜皮葺き・桁行11間。拝殿は江戸時代に修理された建物であり、その規模は国内でも最大級と言われ国指定重要文化財になっています。
蟒」本殿ソ201001241007000_convert_20100124105545 廣峯・地図201001241004000_convert_20100124110248 廣峯・看板01001161130000_convert_20100124124055



こよみを司る御祭神

 田植えの時期を決め、建築の方位や方角を示し、慶弔や生活の指針を立てるなど、「こよみ」は人々の生活のすべてに関わることから、当社の御祭神は、五穀豊穣を祈願する農耕の神、建築工事の安全を祈願する方位方崇除の神、そして、商売繁盛、家門繁栄を祈願する国民の生産の神として、東は京都から西は広島まで多くの人々の篤い崇敬を集めています。


 本殿裏側の神秘なる「九つの穴」は「こよみ」にある一白水星から九紫火星までの九星を現し、それぞれの穴深くにはその星の守神が鎮まっています。
 賽銭と願い札を穴に投げ入れ、口をあてがい小声で神様に願い事をする昔ながらの風習が今も残っています。
牛頭天王・01001161111001_convert_20100124110817 九つの穴エ201001161109000_convert_20100124110921 お守りj201001241012000_convert_20100124111030 

 ほんとに九つの穴が開いているのですが、どうやら一番左がその年の星のようで、私が行った日は九紫火星の年なので、九紫でした。その右隣が一白、二黒、と並び一番右が八白土星なのです。
社務所の方にうかがったのですが、これは節分2月3日までで、暦の上の新年になる立春2月4日には年が変わるので、この日から一つずれて、一番左が八白土星になり、一番右が七赤金星となるそうです。おもしろいですよね。



災厄・病気・厄難を祓う神

 素盞鳴尊(牛頭天王)は古来より、災厄、病気、海陸交通厄難を祓う最も強力な神として人々より篤い信仰を享けています。
 貞観年間(西暦876年)、京都を中心に畿内外で十余年にわたり疫病が大流行しましたが、それに悩む清和天皇の枕元にお告げがあリ、当社の御分霊を京都にお迎えし、祈願すると疫病が鎮まりました。
 これを喜んだ都の人々が盛大な祭りをしたのが祇園祭りのはじまりで、それによって建てられたのが八坂神社です。
 当社では年変わりの節分から立春の二日間にかけて、厄年や凶年の方々をお祓いする「節分・立春厄除大祭」を盛大に執り行います。災いは神社に封じ込め、福は広く一般へ授けるということから、「鬼は内、福は外」と声をかけながら福豆がまかれます。
 また、一年を通じて厄除祈願、交通安全祈願をお受けしています。


祭神

 素盞鳴尊(牛頭天王・天道神、天照大神の弟君)
 五十猛尊(射楯神、素盞鳴尊の御子神)
 奇稲田媛命(歳徳神、素盞鳴尊の御后神)
 足摩乳命・手摩乳命(奇稲田媛命の御両親神)
 八王子神(五男三女の御子神)
 その他十柱の神


と、まあこんな感じです。


そして、またまた興味深いのが御柱祭(おんばしらさい)です。毎年11月15日に、「御柱焚き上げ神事」というのが行われます。
11月15日は、陰陽道では一年で一番の吉日とされるそうです。
蟒」蟲ッ繝サ譛ャ谿ソ蜑・01001161115001_convert_20100124104417 蟒」蟲ッ繝サ蠕。譟ア隱ャ1001161115000_convert_20100124111628 御柱・写真201001241000000_convert_20100124111529

本殿の前に、なにやら囲いがあり、ここでその御柱焚き上げ神事が行われるということです。
この囲いの側面に、このような説明が張り付けられていました。

この地は、御柱祭(11月15日)において神様が降臨される聖なる地です。

          11月15日

      10:00    降臨祭
      16;00    本殿祭
      17:00    御柱焚き上げ神事

儀式松木一本をもってこれを飾り本殿の庭に立て 
畳紙扇二本 帯二筋早朝にこれを営み 夜に入り丑の刻その上に火を放ち 
柱の倒れる方に魃喜(ばっき)の憂いを示す
これすなわち一陽来復の気を顕す祭りなり
     ?「播磨鑑」より抜粋?

御柱が倒れた方角を、翌年2月の節分以後注意すべき方位(凶方位)とする当社特有の神事である 


と書いてあります。
社務所の方にお尋ねすると、2009年11月15日の御柱焚き上げ神事では、柱は「南西」に倒れたそう。
ついでに前年のことも尋ねてみました。2008年11月15日は「南南西」に倒れたということです。

すっ、すっ、すごい!!
翌年の歳破の方位にきっちり倒れているなんて・・・・・・こわ?・・・

今年の2月4日から八白土星の年が始まりますが、この年の南西は五黄殺でもあり、それに歳破がプラスされるわけで、強力な凶意が出そうです。
皆様くれぐれも南西にはご注意を。
神戸新聞の記事によると、去年の焚き上げ神事の最後、廣峯神社の幸田宮司は「南西の方向にお出かけの際は、気をつけて下さい」と参拝客に呼び掛けた。ということです。

八白土星の年は、南西もですが、北東も暗剣殺なので気をつけなければなりません。

廣峯神社は、東京方面の方からですと西方位にあたりますので、今年西に行ける方は是非ご参拝されてはいかがでしょう。「九つの穴」のお参りは魅かれますよ?。





スポンサーサイト



蓮花山病院での施術

去年の10月に、中国・武漢・蓮花山に西方面祐気取りに行かれたお客様が、
蓮花山の写真と蓮花山病院で施術を受けられた際に流れていた音楽をCDRにして送って下さいました。

感激???!です!

まさか音楽まで!!

今その癒しの音楽を聴いています。いいですね?。

素晴らし?い癒しの音色です?。

これを現地で施術を受けながら聴くなんて、
ほんとにどっぷり西のいい気(祐気)が入ると思います。

F様、ありがとうございますひゃっほぅ

またこのブログか、うちのHPにアップしたいと思います。
乞うご期待!

今年、西に行ける方多そうですね?。
うううっ。。。 私はまだまだ行けないのです。。。アップロードファイル

【明日の遁甲】ざっくりと北がいいです。特に女性は7時?8時半発がおすすめです。


テーマ : これがオススメ!
ジャンル : ニュース

JAL

ついに今日付けで、会社更生法申請ということで、事実上経営破たんしてしまったJAL。

最近はうちのお店でも、お客様が予約の際、JALを敬遠する動きがあります。
仕方ないですよね。どうしてもお客様の心理状態としては、心配不安の方が先に立っちゃうので・・・
「飛行機飛ぶの??」
「予約した日に、JALがなくなってたらどうなるの?」
とかよく聞かれました・・・

今日ファックスが流れてきました。


お取引様 各位                     2010年1月19日

                    株式会社ジャルパック
                    株式会社ジャルツアーズ
                    株式会社ジャルセールス西日本

   日本航空に対する株式会社企業再生支援機構の支援決定等について
     ?当社らの旅行事業の継続には全く影響がないこと?

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。弊社らの業務につきましては日頃より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 本日、株式会社日本航空、株式会社日本航空インターナショナル及び株式会社ジャルキャピタルの3社が、株式会社企業再生支援機構に対し正式に支援申し込みを行い、同日、支援決定を受けるとともに、東京地方裁判所に対して会社更生手続き開始の申立てを行い、同日、開始決定を受けておりますが、当社らは、こうした一連の法的な手続きの対象にはなっておりません。

 当社らは、従前と全く変わることなく旅行事業を継続しており、上記3社の手続によりお客様のご旅行が影響を受けることはなく、これにより、お客様にご迷惑をおかけすることは一切ございません。

 また、すでに申し上げましたとおり、当社らの事業は、上記3社の手続きにより影響を受けることはございません。従いまして、お取引先様との取引につきましても、従前どおりの条件になりますので、ご安心いただき、引き続きお取引をご継続下さいますようお願いいたします。?????????????お客様のマイレージについても、従前の取引条件のもとで全額保護されることとなっております。

何かとご心配をお掛けし申し訳ございませんが、以上のとおり、当社らの事業には何らの影響もございませんので、皆さまにおかれましても、ご安心いただき、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
                                          敬具



ということのようです。

ということで、今までどおり、アイル・アヴァ・JALパック・JALツアーズ・JALセールスなどなど、どうぞよろしくお願いしたいと思いますが・・・お客様の反応はいかに???

まあしかし、これからじわじわ、路線や便数減の影響はやっぱり出てくるんでしょうね?・・・

時代の変化、大きなうねりの中、真っ只中に今いるのだと思います。
時代に振り落とされないようにしなければなりません・・・


【明日の遁甲】19時?20時半、南がいいですよ?。女性の方は11時?12時半に南に行くのもいいですよ?。


今日は総会

今日は、関西の旅行会社仲間で作っている会の総会でした。
有志が集い、去年発足したばかりの新しい会なんですが、
去年出席できなかったので、今年はがんばって出席してきました。  旅仲間201001181638000


旅行会社は、大阪、兵庫、滋賀、奈良の計21社。
その協力会と称して、旅館さんたちが、34社集まりました。

小さな旅行会社がスクラムを組み、1社ではできない様々なことを数の原理を利用してメリットを享受しょう!
また協力会の旅館さんたちと力を合わせ、お互いに繁栄していこう!
というような会なのです。

各社の社長さん方、このひどい経済情勢に、みなさん喘いでいて、いかに売上を作るか、
そのことにあの手この手と苦しみながら、日々取り組んでいるようです。

ほんと大変な時代になったものです。
ここ数年できっと、旅行会社の様相は様変わりするでしょう。

いかに生き残っていくか・・・
もう今までのように画一的なやり方では、生き残れないのではないでしょうか・・・
これからは、1社1社が個々に独自性を出して何かやっていかなければならないでしょう。

十年、二十年、三十年と旅行会社の社長をされている方みなさん、お悩みのようでした。
紅一点の私なのですが、もうこの年になったら女も男もないですね・・・ 
たくさんの社長さんたちと真剣なお話しができ、良かったです。
でも話しながら、ぼんやり私にしかできないことがあるな?と思ったりして、
心の中でふつふつと感じる、力がわきあがってくるような、そんな不思議な感覚がありました。
これは今までにない感覚です。
これも、祐気取りの成果なのでしょうか・・・

心の中から、ふつふつと、力が湧き上がってくるような感覚
心の中に迷いが無く、強い信念を持てるようになること
それは、自分の心の中に、「神が宿る」、とでもいうのでしょうか・・・
いつかは、ほんとにそのようになりたいな。と、思います。
(今日、たまたま開いたある有名旅館のホームページ。
 そこに出ていた女将をみた瞬間、あっ!この人、神が宿ってるなあって、直感的に感じました。
 凛とした佇まい、それでいて包み込むような大きさ・・・そんな光が出ているように見えます。
 いつかは、この女将のようになりたいです。)

とにかくうちの会社も、他社にはない、何かを作り上げていかなければなりません。
今、私の頭の中で暖めていること・・・ それを練り上げて、実像の物にしていきたい・・・
そんなふうに思うのです。


ところで、今日の総会は、大阪の「ニューミュンヘン」でありました!
ここ、行ってみたかったんです?!
老舗のビアホールです。
ここのビールの美味しいこと!
なんか甘くて、とっても美味しいんです。
それと、ここのとりの唐揚げがまた有名で、ほんと美味しかったです!
これだけでも来た甲斐がありました。
また来たい?!

しかし・・・最近かなり太った自分に・・・遅ればせながら、今頃気付きました・・・

お土産に買って帰ったエクレア食べたら、明日から、少食にします・・・アップロードファイル

【明日の遁甲】9時?10時半、東南が良さそう。良い出会いがあるかも・・・



今日の遁甲

【今日の遁甲】15時?16時半、東に強力な金運・財運があります。

寒かったですね?

西南西祐気取り、道後温泉から帰ってきました。
四国にも超寒波が来ていたので、
2泊の予定を、急遽1.5泊に変更しとても変則的な旅をしてきました。

去年の6月にも道後2泊したのですが、その時とはまた違う温泉旅館に宿泊
道後の旅館はいろいろ泊まったことはあるのですが、
視察を兼ね、なるべく泊まったことのない旅館をいつも予約します。
もちろん祐気取りなので、源泉掛け流しのお宿が大前提なのですが・・・
しかし本物の源泉掛け流しの宿を探すのはほんと難しいですよね・・・
リサーチしてもなかなか探せず、ほんとのこと道後ではどこもないのでは・・・と思いつつ

今回の初体験お宿は、「ふなや」と「夢蔵」
一応どちらも源泉掛け流しのお宿ということにはなっていましたが・・・
「夢蔵」は期待大でしたが、「ふなや」の方はたぶん・・・・・だろうなとあまり期待せず行って来ました。
もしかしたら今の時代、本当に源泉掛け流しなんて存在しないのかも・・・

「ふなや」のお風呂は、湯口から出ているのは源泉だということですが、浴槽にたまっているお湯は循環で、しっかり塩素の匂いがします。大きなお宿の大浴場は仕方ないんでしょうね・・・
しかし、源泉掛け流しにこだわる私は、この塩素のきつい匂いがとっても嫌で・・・
3つのある浴槽の中で、ちょっとでも塩素の匂いの少なそうなお風呂を見つけてのんびりすることにしています。
(とてもきれいな大浴場で、普通のお客さんなら大満足だと思います・・・誤解無きよう)
お料理の方はとても美味しく大満足でした。ここのお料理は一押しです。
さすが皇室の方が泊まられるお宿だけのことはあります。

次の日は「夢蔵」
ここは私たちの業界では知らなかった旅館です。
なんと言っても立地が素晴しいのと、お宿のコンセプトが他の旅館と大いに違います。
こだわりのお宿の作りで、お湯についても源泉へのこだわりが感じられ、私的にはとても期待大でした。
そして期待通りやはりお湯は全く塩素の匂いがせず、人目を気にせずゆ?っくり思う存分この源泉を独り占めでき、とっても贅沢な時間を過ごす事ができました。
お料理の方もただ地産地消だというだけでなく、一つ一つの素材に並々ならぬこだわりが感じられます。
が、味的には「ふなや」さんの方が、私的には美味しかったかな?。
それにしてもここは、道後一の立地ではないかと思います。
ほんと目の前が、あの坊ちゃん湯「温泉本館」なんです。
幾度と無く道後には来ていますが、これほどじっくり温泉本館を眺めたことはありません。
皆さんもご存知かもしれませんが、温泉本館は温泉旅館が建ち並ぶ中の道後温泉の中心にあり、非常に往来の激しいところにあるのです。
ミシュランでは三つ星を取り、また宮崎駿の「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになった超有名な温泉本館ですが、ほんとにその建物全体をのんびりじっくり眺められる場所が、ほんとないんです。
それが、この「夢蔵」では特等席で眺められます。
夕暮れの「温泉本館」は幻想的で神々しく、私の目に焼きつきました。
今回の祐気取りで、パワーを一番感じた瞬間でした。

(お土産に、山田屋まんじゅうがおすすめです。)
(坂の上の雲ミュージアム、なんと昨日休館日で行けませんでしたーアップロードファイル )
(3日間の走行距離、約700キロ)

今回は西南西の祐気取りでしたが、しばらく西南方面には来れなくなります。
それにしても西南西はなかなか体感しにくい方位ではありました。私的に・・・

3ヶ月ぶりの祐気取りでしたが、こうやって出かけることができたのも、家族や会社のみんなのおかげです。
本当にありがとうございました。
明日からまたしっかり働きます。
それとまた明朝、氏神様にお礼に行ってきます。


【明日の遁甲】15時?16時半に南に大きな財運・金運があります。



坂の上の雲ミュージアム

今日は、ここにでも行ってみようかしら。

【今日の遁甲】9時?10時半に南がいいので、10時にチェックアウトしようっと。

今日は1月の祐気取り日

11月12月と行けず、今日は久しぶりの祐気取りです。
西南西、道後温泉に行って来ます。

私の知る限りでは、阿寒湖、松島、いわき、伊勢、伊香保、倉敷、などなど
本日祐気取りに出かけられる方が多そうですが、どうぞお気をつけて!


【今日の遁甲】北西に15時?16時半、最大の吉方位です。

成人式

今日 私の町では成人式がありました。
朝 出勤途中 同じ町内の子が振袖で身を包み、お母さんが写真をパチパチしている所に遭遇
まあ!なんてきれいなんでしょう?!
「成人式のために東京から帰ってきたんきたんやね?!由香里ちゃん、きれいやな?!」
ほんとモデルさんみたいにとってもきれいでした。
そばにいたおかあさんもおばあさんもとても嬉しそう。
成人式っていいもんですね。ちょっとじ?んときました。

朝一番から、幸せをいただいた出来事でした。
実はうちの息子も、この由香里ちゃんと同級生。
成人式だけど、帰って来ないらしい・・・

元気でやっていればそれでいいんだけど・・・

セドナ

なんかトタンにセドナがメジャーになってきましたね?

これで、スピリチュアルスポット『セドナ』とか言って、今年訪れる人が増えるかもしれませんよね・・・

でもこれチョーヤバイです・・・



恵方参り

今年の恵方は西南西ということで、昨日は氏神様お参りの後、恵方の神社にもお参りをしてまいりました。
姫路市の廣峯神社です。
この神社はスサノオノミコトがご祭神という由緒ある神社だそうです。
姫路市の北の廣峯山の山頂付近にあり、姫路の町とその向こうの海が見渡せ素晴しい眺望です。(と言いながらその写真は無し)
ひろみね201001031621000



この神社でおもしろい(と言ったら失礼ですが)お参りを見つけました。
「九つの穴参り」です。
ひろみね201001031556000 じろみね201001031558000

まず、自分の生まれ年の「九つの穴守り」を買います。(500円也)
その中にお札が入っていて、それに住所・名前・願い事を書きます。
それを持って、廣峯神社の本殿の右手からぐるり回って裏手に出ると、「九つの穴」たるものがあるのです。
ひろみね201001031606000 ひろみね201001031603000 
なんと一白水星から九紫火星までの九つの穴がほんとにありました。
そして自分の九星の穴の中に先ほど願い事を書いたお札をお賽銭と共に投げ入れ、二礼二拍手一礼でおまいりします。
その時に穴に向かって願い事を小声で言って、神様にお願いしたらいいそうで、さっそくやってみました。
ひろみね201001031605000
願いがかないますように。




初詣

今日やっと初詣に行って参りました。

まずは氏神様の八幡様へ・・・
ここにはいつも清清しいほんと気持ちが良い空気が張り詰めています。
そしていつもここは輝いています。
ここには絶対何かがある!大きな力を感じる!
そんな確信を抱かせてくれる場所なのです。

この町にお嫁に来て20うん年
恥ずかしながら祐気取りを始めるまでは、年に1回ほどしかお参りに来なかった氏神様でした。
初詣、子供のお宮参り、七五三、秋祭りで息子が太鼓に乗った3年間、娘が舞姫になった小6の秋祭り、とほんと数えるほどしか来ていません。それも形式的にだけ・・・

それが去年から毎月、そして行ける時は何回もここを訪れました。
ここに来る度、どんどんここが好きになってきました。
パワーがいただけるし、癒される、そんな場所なんです。
そして感謝を忘れる私にとっての内省の場所でもあり・・・

今年もできるだけ多く訪れたい。感謝の気持ちをもって。





働くこと

「まぁ、まだお仕事!?ご苦労様です。」
「はい。・・・」
「大変ね?。でもがんばりなさい。私もあなたくらいのころほんと働いてきたからね?。」

マンションのエレベーターで出会った顔見知りの初老の奥様との会話です。
そうです。働き盛り、今はし?っかり働かないといけない年代です。
あの奥様のように、その時が来たらどうどうとリタイアできるよう、今は一生懸命に働きたいと思います。

いろんな仕事があるので一概には言えませんが、
私の考えは、自分にしかできない事をするということです。

どんな会社、どんな仕事にも、自分にしかできないことを見つけられるのではないのでしょうか。
働くことの中の、やりがいは、そこにあるのではないでしょうか。


テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
2010年寅年の幕開けですね。
今年はどんな一年になるのでしょうか。
一日一日を大切に、実のある一年にしたいものです。

今年は祐気取りがんばらなければなりません。
1月から5月まで行くところがもう決まっています。
今年のスペシャル月は5月、楽しみですね。
みなさまも良い一年になりますようお祈りしています。
一緒にがんばりましょう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード